黒汁(KUROJIRU)の飲み方や飲むタイミングはいつが理想?

個包装された黒汁
黒汁(KUROJIRU)を買っても、正しい飲み方について知らなければ、本来の効果を引き出すことはできませんよね。

黒汁(KUROJIRU)の効果を最大限まで引き出すためにも、効果的な飲み方を知っておきましょう。

今回は、黒汁(KUROJIRU)の基本的な飲み方から効果的な飲み方まで、ご紹介していきます。

黒汁(KUROJIRU)の飲み方の基本はこれ!

材料:
・黒汁(KUROJIRU):1包
・水:100ml

1包を100ml程度のぬるま湯や冷水に混ぜて飲むだけです。
一番シンプルですが黒汁自体の味が薄味なので毎日飲み続けるのは個人的にはしんどいです。
別の飲み方と合わせて飽きないようにしましょう!

黒汁(KUROJIRU)がもっと美味しくなる飲み方を実践!

材料:
・黒汁(KUROJIRU):1包
・牛乳:100ミリリットル
牛乳を耐熱カップに入れてレンジで温めます。
そこに黒汁(KUROJIRU)を入れてスプーンでよくかきまぜたら、黒汁(KUROJIRU)ラテの出来上がり。

ホット黒汁(KUROJIRU)として飲むと、まるで甘いラテを飲んでいるかのような気分で、ちょっとしたティータイム感覚になります。
おいしく楽しみたい方は、ミルクと割ってまろやかなテイストに仕上げてみてくださいね!
※冷たい牛乳で飲んでも美味しいですよ。

お通じ改善に効果的な飲み方

食物繊維も入っている黒汁はヨーグルトに合わせると乳酸菌と合わさってお通じ改善をサポートしてくれます。

材料:
・黒汁(KUROJIRU):半包
・ピスタチオ:適量
・ヨーグルト:100ml

ヨーグルトをグラスに入れて、細かく砕いたピスタチオと黒汁(KUROJIRU)を加えましょう。

お好みで最後にイチゴを盛りつけるのもおすすめ。
彩りになって、食欲もかきたてられます。

黒汁(KUROJIRU)はナッツ類とも相性がいいため、アーモンドなど、さまざまなナッツを使ってレシピを考えてみるのもおすすめです。

黒汁(KUROJIRU)を飲むタイミングは?

黒汁(KUROJIRU)は置き換えダイエットにもぴったりなので、起きがけの体に栄養分を送り届けるためにも、朝食として飲むのがおすすめです。

黒汁(KUROJIRU)ダイエットで失敗しやすい飲み方とは

・シンプルすぎる味が苦手な人は、ただ水で割っただけの黒汁(KUROJIRU)だとおいしいと感じられないことも。
飲みやすくなるように、お好みのレシピで味を加えましょう。

・毎日続けない
→気が向いた時だけ飲むという飲み方では、本来の効果が引き出せません。
できれば毎日欠かさずに飲むといいでしょう。

・暴飲暴食を続けています
→黒汁(KUROJIRU)を飲んでいれば、どれだけ食べていても痩せられるというわけではありません。

暴飲暴食をする習慣のある人は、その習慣も控えるようにしましょう。

黒汁(KUROJIRU)を飲んでいるからといって、全く運動しなくても痩せられるわけではありません。

個人差もありますが、黒汁(KUROJIRU)の効果を高めるためにも、日常的にもストレッチなど簡単な運動を少しでも取り入れながら飲んでみてください。

また、公式サイトでも書かれていますが黒汁を飲む場合は置き換えダイエットを推奨しています。
置き換えるだけでどれくらいの違いが出るのか?
詳細は公式サイトにまとめられていますので良ければご確認ください。

⇒黒汁(KUROJIRU)の公式サイトはこちら